Natsuko Kitamura

 

 

今年もあとわずかとなりました。

振り返ると、今年は展示の機会に恵まれた年だったように思います。作品制作に向き合う日々の中、おかげでコロナやそれに伴う社会の不安に捕まることなく駆け抜けて参りました。本当に有難いことです。

展覧会の機会を与えてくださったみなさまと、難しい状況の中、展覧会会場へいらしてくださったみなさま、関わってくださった皆様に感謝申し上げます。

​10月の大阪での個展の際に訪れた通天閣に掲げられたメッセージ

「マスクの下は笑顔で」(画像参照)

に笑顔にさせられました…

皆様も笑顔で過ごせますようにと願います。

来年もいくつか展覧会の予定があります。

​より一層、励んで参りたいと存じます。

2020年12月

​北村奈津子

INFORMATION
​​展覧会のお知らせ

終了しました。ありがとうございました

★Bunkamura Gallery (渋谷)

現代作家グループ展に参加

日程:2020年12月2日(水)~12月9日(水)

10:00~19:00

場所:文化村(渋谷) Bunkamura Gallery

展覧会詳細☟

想起された情景 -あの時の記憶、その時を記録- | 展覧会情報 | ギャラリー | Bunkamura

★現代アーティストクレパス展  参加

日程

終了しました大阪展:2020年9月1日~9月26日 サクラクレパス本社ビルにて

終了しました東京展:2020年10月5日~10月17日 林田画廊にて

終了しました鳥取展:2020年11月6日~12月13日 日南町美術館にて

サクラクレパスを使用した作品を。という依頼でした。

配布されたクレパスの木箱を開けた時の興奮。こどものころを思い出しました。

何を描こうかな。というわくわする気持ち。

ズラリと並んだ色を眺めるだけで、様々なインスピレーションを掻き立てられました。

このクレパス自体がすでに美しく、表現の可能性の塊に思えました。

「みんなクレパス」のタイトルで、バナナ、カラス、グレイッシュなサラリーマンのスーツ。やたら色数の多い戦隊ヒーロー(カラーレンジャー)…

身の回りの色々なものがサクラクレパスで表現できるんじゃないか。そんな思いで制作しました。

News

今年度から使用される図画工作の教科書(開隆堂出版より)に作品を使っていただいております。私自身、小学校のころ、教科では図画工作が一番好きで、今もこうして物を作る日々を送っています。

とてもとても嬉しいことです。

About Works

私の目に映る私たちのこの世界は、私にとって、おそろしく不思議で、美しく、滑稽でもある。

驚きも美しさもおかしさも、私たちの日常の中にあるように思う。

それゆえ、私の作品のモチーフの多くは動物、野菜、人間、そして植物、といった現実的な物だ。

私たちの日常はなんて不思議なのだろう

私たちの世界はなんて美しいのだろう

私たちはなんて滑稽なのだろう

それを表現したいと、作品を作っている。

 

Our world that I can see is wonderful, beautiful and funny for me.

Our normal-daily-life has wonder, beauty and fun,I think.

So, most of motifs of my works are realistic.

For example, Animals, vegetables,human beings and plants...

I'd like to express

"how wonderful our daily life is!" 

"how beautiful our world is!"

"how funny we are!"