Vol. 43 道端にバナナの皮があったら滑って転ぶべきか問題

最終更新: 2020年12月31日


色々ありました2020年もあっという間に残り数日。といったある日のこと。

道端にバナナの皮を発見。


漫画の「お約束」にバナナの皮で滑って転ぶ。というのがありますが、(若い人はピンとこないのかしら)と、同時に、「そうそう道端にバナナの皮なんて落ちてないよ」とも言われがち。

しかし、私はちょくちょく道端でバナナの皮に遭遇するのです。

2か月に1度くらいの頻度で遭遇します。

私は道端にバナナの皮を落としたことが無いので、どうして道端にバナナの皮があるのか不思議です。これは、やはり、「誰かを滑って転ばせてやろう」という魂胆なのでしょうか。

ちょくちょく道端でバナナの皮に遭遇するからか、私の作品にも時々バナナ(バナナの皮)が登場します。

来年はバナナの皮に遭遇したら記録を取っておこうかしら。

たまには滑って転んでみたほうがいいのかしら。