Vol.39 甘く、うつくしいもの


美しいお菓子をいただいた。箱を開けた瞬間はっとするほど。

奇麗。と思いながら、瞬時にひとつ、口にしていた。どうやら私には「もったいなくて食べられない」という感覚は無い、らしい。残念。

なので、この画像は完全体ではなく、すでに一つ二つ、食べられた後の画像です。残念。

木の箱の佇まいも美しいお菓子です。

日本人で良かった。と思いました。そんなレベルです。(でも躊躇わずに食べます。大切に頂きます)

まさに甘美。甘く、うつくしいのでした。

最新記事

すべて表示

Vol.50 ですます・である

小学校のときに「文体(です、ます、だ、である)は統一しましょう」と習ったので、文章を書くときはそれを基本としてきたのだけど、ここで、こうしてポチポチと些細なことを綴るようになって、毎回、「前回はですます調で書いたけど、今回の内容的には、である調のほうがしっくりくる気がする」とか「である調で書いたけど、この一文だけはですます調のほうが好きだな」といった文体の統一問題に直面するようになった。 (そもそ