Vol.37 おいしい水



その時、私は「水」について考え、そのテーマでの作品に取り掛かっていて、そんな中、ある曲が繰り返し、頭の中で流れていて、なんというタイトルだったかと考えていた。


アントニオ・カルロス・ジョビンの「おいしい水」だと思い至り、スッキリしたところで、自分は喉が渇いていたのだと気が付いた。

ラジオでは、「室内での熱中症の危険性」について語られている。

今年の夏は本当に暑い。